業務用フルーツの専門店。国産冷凍フルーツ・業務用ジェラート・アイスクリーム・コンフィチュールなどの業務用デザート・スイーツの卸販売

#haccp記事の一覧です

HACCPを勉強しております。

日々のこと

, , , , , , ,

フルーツの奇行子
ジェラートに恋した果物屋
スヌーピーフルフルこと古田芳章です。

新食品流通基準対応セミナーに参加しました。


2020年に義務化されるHACCP取得に向けたセミナーです。

会社と製品の見える化を実現するために、これからグループワークで自分の作ってきた案を添削します。

今回事前に作成したワークシートは下記の通りです。

・会社概要
・食品安全性組織
・製品記述、流通、消費者および意図する使用
・フローダイアグラム
・プロセスの記述

難しそうに見えますが、わかりやすく説明してくれたので、自分が作った書類を修正していきます。

この会社概要ですが、通常の会社概要ではなく、資本金とか設立年月日とかを書くのではなく、あくまで衛生管理を目的とした会社概要です。従業員数、主な製品、使用水、サニテーション、従業員教育などを書きます。

食品安全性組織図は、このHACCPチームに関わる人を決めます。資格を持ってる人は、HACCPコーディネーターとなり、その他の人はHACCPトレーナーになって、他の従業員を指導します。まずはその人たちを決めないといけません。

製品記述、流通、消費者および意図する使用は、製品規格書です。製品の特長、規格、荷姿などが書かれた書類です。

フローダイアグラムは製造工程です。このフローダイアグラムを詳しく書きすぎると、製品ごとにフローダイアグラムを作らないといけなくなるので、ここではざっくりとしたものにして、次の製品の記述で製品ごとの詳しい説明をします。

セミナーの中で施設の図面、人、原料、製品、資材の入出経路、施設をゾーニングしてる場合は、清潔区、準清潔区、汚染区に分けた図面をみて、自分の会社の参考にしました。

セミナーで教えてもらった内容をざっくりと説明しました。画像があまりないので、わかりにくいかもしれません。自分の記憶をたよりにセミナーで教えてもらったことを復習しております。

自分の作った書類を提出して指導員に添削してもらい、出来上がったら随時アップします。

今日のブログは真面目過ぎたなあ~(笑)

自主衛生管理を取り組んでおります。

日々のこと

, , , ,

フルーツの奇行子
ジェラートに恋した果物屋
スヌーピーフルフルこと古田芳章です。

和歌山県食品衛生管理認定制度とは?



このレベル1、レベル2、レベル3は事業者自らがチェックリストによる自己採点を行って、それを保健所の食品衛生監視員が確認し、できていないところは改善して徐々に認定をもらいます。

今木の国はこのレベル3です。

自主衛生管理レベル3

次の区分1、区分2、区分3は和歌山県版HACCPの衛生管理です。
規定、手順書、記録を作成し、その通りに工場が動いてるか確認しながら徐々に上に進みます。

これがなかなか一長一短にいかない。
書類を作って申請するだけなら、そんなに難しくはないと思うんだけど、問題は作った書類の通りに動いてるかどうかです。

ちょっとづつ慣れていくしかないですね。年々衛生面は厳しくなってきてるので、その環境に合わせて対応するしかない。

よく取引先にHACCCPやISO持ってないんですか?
と聞かれるのでHACCPに準じた衛生管理を行ってます。
と答えているのですが、それも通用しなくなってきました。

来年のHACCP義務化に向けて少しづつですが、改善して認定を取りに行きます。

美味しいものを作るのは大事ですが、安全なものを作るのはもっと大事です。

日々のこと

, , , , , , , ,

フルーツの奇行子
ジェラートに恋した果物屋
スヌーピーフルフルこと古田芳章です。

HACCP義務化に向けて


来年義務化になるHACCPを取得するために
和歌山県が企画した新食品流通基準対応支援セミナーに参加しました。
全5回コースの初回です。来年の2月まで続きます。

和歌山県庁食品流通課赤坂課長のあいさつ

今回の資料


オリエンテーションがあり、今回のセミナーの進め方や、HACCPについての簡単な説明がありました。参加者は事前に用意されてる動画をみて予習し、セミナーに臨むシステムです。

HACCPとは?


HACCPとは「Hazard(危害)」「Analysis(分析)」「Critical(重要)」「Control(管理)」「Point(点)」という言葉の略語で、食品を製造する際に安全を確保するための管理手法のことを言います。


日本語ではそのまま「危害分析重要管理点」と訳されます。HACCPは、食品の製造・出荷の工程で、どの段階で微生物や異物混入が起きやすいかという危害をあらかじめ予測・分析して、被害を未然に防ぐ方法です。この点がそれまで行われていた製品の抜き取り検査による安全確認とは大きく違うところです。

現状、抱えてる問題

セミナーの後半はグループに分かれて、下記のことを紙に書きだしました。

:自社の現状、抱えてる問題
:このセミナーを受けて何を望むか

40社ほど参加してたのですが、1人づつ皆さんの前で先ほど書いたことを発表します。

僕が発表したのは

現状と抱えてる問題
:衛生管理計画を作ったが、複雑で機能しているところとそうではないところがある。もう少しシンプルで誰が見てもわかりやすい内容に作り直したい。
:HACCPについて、会社内である程度理解してるのは私だけで、社員と情報共有ができていない。
:衛生管理計画に基づいて、実際にその通りに動くように設計したい。

このセミナーを受けて何を望むか
:HACCP取得を目指します。

いろいろと課題はたくさんありますが、1つづつクリアしていくしかない。

古い投稿ページへ