業務用フルーツの専門店。国産冷凍フルーツ・業務用ジェラート・アイスクリーム・コンフィチュールなどの業務用デザート・スイーツの卸販売

#業務用フルーツ記事の一覧です

昔の苦い思い出です。

コンフィチュール

, , , , , , , , ,

フルーツの奇行子
ジェラートに恋した果物屋
スヌーピーフルフルこと古田芳章です。

意味を伝えないとダメですね。


もう10年以上前の話ですが
創業当時ジャムの作り方をパートさんに教えて
作ってもらっていました。

その後どう作ってるのか確認せず
任せっきりにしてました。

ある時出来上がった
三宝柑(湯浅町名産の柑橘)のジャムを
何気なく見ると、
蓋から中身が出てきてる。

三宝柑


ちゃんと蓋しまってるのに
おかしいなあと思って
蓋を開けると

中身のジャムがあふれ出てきました。

完全に加熱温度不足で
中身が発酵していました。

僕が指示していたのは
空の瓶と蓋を煮沸殺菌して

熱い瓶に出来立ての熱いジャムを入れてください。

そして蓋を軽く締めて
鍋に瓶の肩がつかる程度に水を入れて
ふつふつと湧いてきたら
その温度をキープして30分煮沸してください。

30分経ったら蓋をきつく締めて
瓶を逆さまにしてそのまま熱い鍋の中にいれて
自然冷却してください。

とこんな感じです。

ただ任せっきりだったので
知らない間に

冷たい瓶に冷たいジャムを入れてました。
それで煮沸時間を長くしたらいけたのかもしれませんが


煮沸時間はそのままだったので
中心まで温度が入らず

完全に菌が死んでなかったようです。

85℃90秒で大概の菌は死滅するのですが
三宝柑の皮が大量に入ってたので
温度が中心まで届いてなかったのでしょう。

その時思いました。

あなたが悪いんじゃない。
その工程をなぜしないといけないのかという
説明をしなかった僕が悪いんだ。


なぜ熱い瓶に熱いジャムを入れないといけないのか。
なぜ30分煮沸しないといけないのか。

なぜ蓋を軽く締めて
後からしっかり閉めないといけないのか。

なぜ瓶をひっくり返して
鍋の中に置いとかないといけないのか。

すべてそれをする理由があります。
理由がなかったらやりません。


それからはなぜこの工程をやらないといけないのか。
ということを説明するようになりました。

それをやる意味が分かってなったら
どうしても楽なほうにやるようになるよね。

気を付けよう!

フルフルか、フルフル以外か。

日々のこと, 未分類

, , , , , , , ,

フルーツの奇行子
ジェラートに恋した果物屋
スヌーピーフルフルこと古田芳章です。

俺か、俺以外か。



たまたまホスト界の帝王と呼ばれてる
ローランドの店が閉店という記事を見た。


今店を開けてるとホストやお客さんや
夜の世界で働く人たちに迷惑をかける。

なので閉店はするが店は解約せずに
ずっと家賃を払い続けてる。

1番最初に出した店を
そう簡単に手放したくない。

ん~わかるような気はするけど。
金額が金額だけに…



そのなかで、
高校時代はサッカーに明け暮れて、
名門帝京高校で全国制覇を目指したんだけど、


途中で敗れて、
きっぱりサッカーからは離れたそうです。


大学に入学するも1日で退学した。


その理由が書いてあった。


大学に進学して、
会社に就職して、
というのが嫌だったと。

先の見えない不安より、
先の見えすぎる不安の方がよっぽど怖い。


ん~
ローランドらしいなあと思いました。

今コロナで、
みんな先の見えない不安に怯えています。

そうかと思うと、
先の見えすぎる不安の方がもっと怖いという人もいる。

世の中色んな人がいて、
面白いねえ。

不安を煽るのは簡単やけど、
そんなんはやめて楽しいこと、
面白いことばかり考えて、
頭の中それでいっぱいに埋めつくそう!


いつも楽しいことを考えてると
そういう人生になっていくような気がします。


最終的には



良くも悪くも
なるようにしかならん!


といつも考えています。



とりあえず今は在庫がギリギリの状態で
やってるので



うちの従業員さんからは
今日も社長来ないんやけど…



在庫ないんやけど…
と嘆かれています。

こっちもいろいろと
ありますがな。



Web商談会参加せなあかんし、
Zoomセミナー受けなあかんし、



宿題がいっぱいあるHaccpセミナーも受けてるし、
補助金申請せなあかんし

しっちゃかめっちゃかになっております。
まあ暇よりええけど。



またジェラートのレシピも
再構築せなあかんのやけど



そこまで手が回っておりません。

まあどうやっても
なるようにしかならん!(笑)


女性に人気のきな粉餅ジェラート!

ジェラート

, , , , , , ,

フルーツの奇行子
ジェラートに恋した果物屋
スヌーピーフルフルこと古田芳章です。

人気のきな粉餅ジェラート!



フルーツを使ったシャーベットが
メインなのですが、
和風のジェラートも充実しています。

抹茶、ほうじ茶、黒ごまもあるのですが
その中で1番おすすめなのが
きな粉餅のジェラートです。

きな粉アイスの中に餅が入っております。
果物屋の店舗でも販売してるんですが、

ディッピングケース(冷凍ショーケース)から
すくって提供しています。


高校生でいつもきな粉餅を
ダブルで食べてる子が何人かおります。

女性にも人気です。


百貨店の催事で販売した時も
女性に1番人気はきな粉餅でした。

牛乳や砂糖にきな粉を混ぜ合わせて
85℃まで加熱し
マイナス6℃くらいまで冷却撹拌します。

できた~

きな粉餅ジェラート


このきな粉アイスに後から餅を混ぜます。


きな粉を振りながら餅を小さくカットしています。
これもなかなか面倒です。

その餅をきな粉アイスに混ぜあわせて出来上がりです。
手早く混ぜ合わせないとジェラートなので溶けてきます。

木の国は業務用4L,2L、
60ccのディッシャーカップを用意してます。

一般消費者用は100mlのカップです。

この11月に入って
Go to travelやGo to eat の影響なのか
ホテル、旅館、飲食店からの注文が増えています。

飲食店で一番取引が多いのが
焼肉屋さんです。

ジェラートも価格が安くはないので
客単価の高い飲食店じゃないと
たぶん無理です。

フレンチやイタリアンは
自分のところで作るので
なかなか取引は少ないです。

やっと活気が戻りつつあるような気がするのですが
その一方で感染者が増えてるので
この先はまだまだ不透明です。

12月までは何とかいけそうな気がしますが
1月、2月が心配です。

まあまだ来ていない未来を不安がるより
今を楽しもう!

美味しいもの食べて
ゆっくりお風呂に入って
ガハハハ笑って免疫力あげて
楽しく過ごしましょう!

古い投稿ページへ