業務用フルーツの専門店。国産冷凍フルーツ・業務用ジェラート・アイスクリーム・コンフィチュールなどの業務用デザート・スイーツの卸販売

#業務用ジェラート記事の一覧です

機械類が大好きなんです。

イベント

, , , , , , , , ,

フルーツの奇行子
ジェラートに恋した果物屋
スヌーピーフルフルこと古田芳章です。

小型冷凍庫を購入しました。


いろんなところに商談会に行くのですが、取扱商品が冷凍品ばかりなので、数時間ですとドライアイスで大丈夫なのですが、数日あったり、商談会場に冷凍設備がないところもあるので、小型冷凍庫を探しておりました。アマゾンで価格もそんなに高くないし、口コミもよかったので試しに買ってみました。

小型冷凍庫

容量は15Lで控えめですが、マイナス20℃まで冷えます。本来はレジャー用です。あまり重くもなくちょうどいいかな。


試しに冷やしてみました。マイナス19℃まで冷えてます。音もそれほどうるさくないです。普通の家庭用電源と車載ソケットからの電源供給が可能です。


ちゃんとマイナス19℃まで冷えてはいるのですが、口コミに書いてた通り壁面は冷えてます。ただ中央部分はそんなに冷えてない気がします。場所によって冷え方が違うようです。ちょっと気つけよう。

とりあえずは満足してるのですが、できれば蓄電できればもっとよかったのですが。探したけど見つかりませんでした。電源を外しても何時間かはバッテリーで冷えてくれれば最高なんやけどなあ~。

そんな商品もクラウドファンディングで見つけて注文はしています。納期が12月だって。かなり前に注文したんだけど…

9/14~9/20までオーストラリアで行われる商談会にこれを持っていきます。多分活躍してくれるでしょう。商品はジェラートと冷凍フルーツミックスを持っていく予定です。

ちゃんと僕が入国できるかも心配ですが(笑)、冷凍の商品がちゃんと届くのかも心配です。結果は神のみぞ知る。

オーストラリアは検疫が厳しいらしいので、普通に持って行ったものも没収されそう?梅干しも日本でちゃんとパッケージされてるのは持込可能やけど、自分で作って適当な瓶に入れてたものはダメらしいです。

オーストラリアに行くのにはビザが必要です。申請忘れてて最近申請しました。ビザが必要な国って記憶にないなあ~。

準備万端でいく予定ですが、なんか大きな忘れ物してるような気がします。こんなのも用意しました。

TOTO携帯ウォシュレット

これで完璧です。まだ商品用意してないけど…

ちょこちょこと海外からもお客さんが来られます。

ジェラート

, , ,

フルーツの奇行子
ジェラートに恋した果物屋
スヌーピーフルフルこと古田芳章です。

香港からお客さんが来られました。


和歌山県知事が5月に香港に行かれた時に、現地の会社の会長がアイスクリームの市場を伸ばしたいと言われて、どこかアイスクリームを製造してる会社を紹介してくださいというお話になったそうです。

なので知事の指令により和歌山県下のアイスクリームメーカーがこの会社と商談することになりました。うちの会社のことも覚えてくれてたようで、あのへんな眼鏡かけてる人の会社も声かけとけと言われたそうです。

変な眼鏡かけてる人の会社って…
ということで日本語ペラペラの香港の方と、日本人の方が来られました。

香港の会社の概要、アイスクリーム市場のお話を聞きました。香港は何でも輸入できるというイメージがありますが、アイスクリーム類はかなり厳しいです。




香港の会社はライセンスがないと販売できません。さらにライセンスを持ってたとしても新たに日本の会社からアイスクリーム類を輸入して販売しようとすると、まず工場の監査があり、商品の衛生証明書やその他いろんな証明書が必要になります。申請してから早くても半年かかるそうです。

かなりハードルが高いです。牛乳の入ってないシャーベットはまだマシですが、アイスクリーム類はもっと厳しいそうです。

でも木の国のシャーベットやアイスクリームを試食してもらって、かなり好印象をいただきました。プレミアム商品として販売したいと言っておりました。


工場の製造現場も見学してもらい、実際にジェラートを作ってる風景やそれをカップ詰めしてる光景を見てもらいました。

やはりジェラートに非常に関心があるようです。日本のフルーツを使ったジェラートに興味津々です。

最後に一緒に写真を撮ってもらいました。僕だけなぜだかかなり笑顔です。(笑)


少し宿題をいただいたので、それを提出してコツコツと話を進めようと思います。なかなか一足飛びではいかないです。気長に少しづつやります。

新商品果物屋のアイスキャンディー!

ジェラート

, , , , , ,

フルーツの奇行子
ジェラートに恋した果物屋
スヌーピーフルフルこと古田芳章です。


新商品のアイスキャンディー!



アイスキャンディーを作る機械を購入したのですが、忙しい時期に突入してなかなか製造ができず、もうすでに注文が入ってきてるので、ぼちぼち試作しながら作っております。


アイスキャンディーを凍らす機械
アイスキャンディーの型



この型の中に原料を投入します。


マンゴーシャーベット


あまり型いっぱいに液体を充填すると、膨張して溢れてきます。(はじめ失敗しました)。このまま機械の中に入れて少し固めます。


少し固まったところで棒を刺していきます。


棒を刺したアイスキャンディー



これが簡単そうでなかなか難しんだなあ~。まっすぐ刺してるようで斜めになってたり、上から見ると均一に指してなかったり、あまりいじり過ぎると却っておかしくなるので、あまり気にせずそのまま機会に入れて凍らせます。


凍ったらこの型を水につけてキャンディーの表面を少し溶かして型から抜きます。これもまた簡単そうで難しい。初めは水に何秒つけていいのかわからず、漬けすぎて溶けてしまったり、強く引っ張り過ぎて棒が抜けてしまったり、かなり失敗しました。水に漬けるは、10秒~13秒だとわかりました。


型から抜いたアイスキャンディーは表面が少し溶けてヌルヌルしてるので、冷凍庫でもう一度凍らせます。それから袋に入れてピンでとめて出来上がりです。この袋に入れるのもいれにくい!ちょうどいい大きさの袋買いすぎたかな?次はもうちょっと大きめの袋にしよう!


アイスキャンディーは型に入れて凍らせて袋に入れるだけやから簡単やと思ったのですが、なかなか手間暇がかかります。慣れるしかないのでもうちょっと練習します。


商品開発に余念のないフルフル
決して機嫌が悪いわけではございません
こんなんも作ってみたけどちょっとオレンジの皮が苦かった。

古い投稿ページへ